TULLY'S COFFEE

いつ買っても嬉しい発見に出会えるコーヒー豆の味だけでなく、付加価値も高い

会社員/横山さん

―横山さんがタリーズコーヒーで豆を購入するようになった経緯を教えてください。

「タリーズコーヒー自体は、街中で見つけたら入る程度だったんですけど、プレゼントでコーヒープレスをいただきまして、 それがタリーズコーヒーのものだったんです。そこで豆も買い始めるようになりました。
そのコーヒープレスは、職場に置いておき、毎日お昼のコーヒーはそれで淹れて飲むのが日課です」。


―コーヒープレスがきっかけとは珍しいですね。

「もともと、大学生の時に喫茶店でアルバイトをしていまして、その影響でコーヒーにこだわるようになりました。
普段から、豆の状態で購入して、コーヒーを飲みたい時にコーヒーミルで挽いて、ハンドドリップして飲むのが日課になっています。 手間暇をかけてコーヒーを飲むということが優雅な気がして、好きな時間なんです」。

―では横山さんが思う、タリーズコーヒーの豆の魅力とは?

「タリーズコーヒーの豆って、買った時に袋がパンパンになっていることがあるんです。 その袋を切った時に、ふわっと立ち上る香ばしい風味、あの瞬間が好きなんです。
あとタリーズコーヒーで豆を買うまでは、ボディと苦みが強めのコーヒーが好きで、酸味のあるものが苦手だったんですけど、 タリーズコーヒーの豆を自分で挽いて飲んだ時に、酸味のイメージが凄く良いものに変わったんです。
匂いを嗅いだ時に、今までのコーヒーで感じたことがない目が覚めるような香りがしまして“このコーヒー、きっと美味しいだろうな”と思って飲んだら本当に美味しくて」。

フェローとのコミュニケーションや
コーヒースクールで豆の良さを再認識

―コーヒー好きの方に、好んでリピートしてもらえるのはとても嬉しいです。

「お店のフェローの方の対応もリピートする理由の一つです。どの豆にしようか棚を見ていると、“何かお探しですか?”って必ず声をかけてくださって、そこから新しい豆の話が聞けたりして、 より一層、家で飲む一杯のコーヒーが美味しく感じます。

またコーヒースクールにも参加させていただいているんですが、美味しいコーヒーの淹れ方やフードとの組み合わせを教えてもらったりするだけでなく、 豆の生産されている国や、農園の方の努力だったり、どんな場所で豆が作られているかなどを、知ることが出来ます。
そう言うことを知った上で飲むコーヒーは思い入れも深くなるし、本当に美味しく感じますよね」。