TULLY'S COFFEE

気分やシーンで切り替えて
カフェインと上手く付き合う

会社員/星さん

―星さんがデカフェのコーヒーを飲むようになったきっかけは、なんだったんでしょうか?

「うちはもともと、子供の時からカフェインレスのお茶を常に飲んでいたり、カフェイン入りの飲み物をシーンに合わせて飲んだりする習慣がありまして、 カフェイン入り、カフェインレスの飲みものの違いは何となく知っていました。
その後、自分でカフェへ行くようになってからは、自然の流れで“あとは家へ帰るだけ”というときなどは、デカフェを注文しています。 自宅でコーヒーや紅茶を飲む時も、カフェイン入りの物を飲みますが、“ちょっと飲み過ぎたかな”というときは、 カフェインレスのお茶やコーヒーに変えて飲み分けています」。

―具体的に、デカフェを日常ではどのように取り入れていらっしゃいますか?

「毎朝、起きて飲む一杯のコーヒーはカフェインの入った普通のコーヒーを飲みます。 その後、仕事中はシャキッとしたいのでカフェイン入りを飲みますが、家に帰ってきてゆっくりしている時に、 何か飲みたいなと思った時はもうデカフェに切り替えます。
仕事モードのときはカフェイン入り、あとは帰って寝るだけだったり、休日はデカフェにするなど、時間帯や気分、シーンによって飲み分けています」。

普段飲むコーヒーの選択肢として
デカフェ習慣を作るのも◎

―タリーズコーヒーのデカフェの味は、他と比べていかがですか?

「もちろん美味しいですが、そもそもデカフェだからと言って風味が落ちるということはまずないと思いますし、 飲んだことのない人でも、もっと気軽にトライしてみてもよいと思いますよ。
私は学生時代から、6、7年タリーズコーヒーを利用させていただいていますが、デカフェ以外のコーヒーやフード、 デザートメニューなども充実していて美味しく、落ち着いた雰囲気が好きなんです。
その中でデカフェも取り扱っているので、より一層、足を運ぶ機会が増えているという感じです」。

―普通のコーヒーと同じように飲まれているんですか?

「そうですね、外で飲む時はブラックだったりカフェラテだったりにして飲むこともあります。 コーヒーがそもそも好きなので、寝る前に本を読むときなどにも重宝しています。
またタリーズコーヒーにはデカフェのコーヒー豆も売っているので、友人が妊娠した時などは、それをプレゼントすることもあります。 あと個人的にはタリーズコーヒーのテディベア「ベアフル」がとても可愛くて、それも一緒にプレゼントすると喜ばれます」。