TULLY'S COFFEE

体に刺激のないデカフェなら
親子でコーヒーの味を楽しめる

会社員/小松さん

―小松さんはデカフェを定期的に飲まれているということですが、そうなったきっかけを教えてください。

「私がデカフェを飲むようになったのはここ2、3年なんですが、仕事の関係で海外へ行っていた時期がありまして、 海外ではどこのカフェへ行ってもデカフェが飲める環境でした。 そこで気軽に試してみたら、普通のコーヒーと味もほとんど変わらず美味しく飲めました。
今では出先でコーヒーを飲み過ぎたかなと思う時には、デカフェに切り替えて飲んでいます。
タリーズコーヒーは、仕事の打ち合わせや友人との待ち合わせなどで、週に2、3回利用させてもらっているんですが、 カフェインを摂り続けたくないときにデカフェに切り替えていると言う感じです」。

―デカフェだけを飲まれているのではなく、カフェイン入りのコーヒーや飲み物と併用されているですか?

「はい、決してカフェインが苦手なわけではないので、朝一杯目に飲むコーヒーは普通にカフェイン入りのものを飲みます。 でもそれ以降はデカフェにします。特に、何度もカフェへ行く日はほとんどデカフェです。
もともとコーヒーが好きで、家にいる時。映画を見たり本を読んだり仕事をするときなど、いつもコーヒーが飲みたくなるんですよね。 そんなときはカフェインレスで飲み続けられるデカフェにします。
あと小学校へ通う息子がいるんですが、私がコーヒーを飲んでいるのを見ると、大人のマネをしたいのか“飲んでみたい”って言ってくるんです。 カフェイン入りは子供には刺激が強いと思うんですが、そんなときにはデカフェのコーヒーにお砂糖とミルクをいっぱい入れてあげるんですけど、 子供も飲めるので家では重宝しています」。

エスプレッソのデカフェアレンジで
ドリンクの幅がさらに広がる

―普段デカフェを飲む時に、どうやって飲まれていますか? 何か工夫されていることはありますか?

「ペーパーで落として飲む時はブラックで飲みますし、味が濃く出るコーヒープレスで淹れるときは牛乳をたくさんいれて飲んだりもします」。

―タリーズコーヒーのデカフェを選ぶ特別な理由はありますか?

「すべての店舗では無いと思うんですが、うちの近所のタリーズコーヒーでは、エスプレッソをデカフェにしてもらえます。 他のチェーン店などでは、なかなか見ないのですが、それによってカフェラテなどもデカフェで飲めるのでとてもありがたく利用させてもらっています」。