TULLY'S COFFEE

いつでも飽きずに楽しめる
仕事前の一杯は「本日のコーヒー」

会社員/斎藤さん

―斎藤さんがタリーズコーヒーを利用するようになったきっかけを教えてください。

「学生時代にエスプレッソを知人から教えてもらいまして、それと同時期にコーヒーを好きになったんですが、 タリーズコーヒーを頻繁に利用するようになったのは、創業者の著書などを読んで、面白い方だなと思った事がきっかけでした。
今は職場があるビルの1Fにタリーズコーヒーが入っているので、毎朝そこで本日のコーヒーを購入して出社するのが日課になっています。 学生時代から数えると、もう10年以上ですね」。

―さまざまなドリンクがある中で、日替わりで変わる【本日のコーヒー】を選ぶ理由とは?

「これと言った理由があると言うより、日替わり定食感覚で選んでいる部分があります。 お店のその時期のおすすめという点では信頼出来るし、日によって変わるので、程よく飽きずに注文し続けられるんですよね。
僕自身、自宅でもエスプレッソマシンでエスプレッソを入れたり、ハンドドリップでコーヒーを淹れたりしますし、 一時期はタリーズコーヒーの豆を飲み比べたりしていました。
日替わりでさまざまなコーヒーを飲む事で知ったのが、僕自身は酸味が控えめで飲み応えがあるコーヒーが好きということ。 そう言う発見があるのは嬉しいですね。
今現在はタリーズコーヒーのなかではハウスブレンドが一番好みですが、季節ごとに登場する限定豆のコーヒーも好きです」。

季節やフードとのバランスで
さまざまな味わいを楽しむ

―【本日のコーヒー】と合わせて、何か他にタリーズコーヒーの楽しみ方はありますか?

「飲み応えのあるハウスブレンドが好きといいましたが、僕自身、 コーヒーと一緒に注文するフードとの相性で“この前の組み合わせ、美味しかったな”と記憶している事があるので、 本日のコーヒーを注文して、それにフードメニューを合わせるのは一つの楽しみです。
やはりさっぱりした味わいのコーヒーにはホットドッグみたいなものを選び、 逆にドーナツなど甘いフードと一緒に味わうときはボディ感のあるブラックコーヒーを飲むのが定番になっています」。

―斎藤さんが思う、コーヒーがマッチするシーンとはいつですか?

「出社する時間に必ず会社下のタリーズコーヒーへ寄っているので、やはり朝から昼にかけて、仕事を始める前の一息は大事ですね。 ほぼ毎日行くんですけど、朝の一杯で終わる事もあれば、仕事が一段落した夕方に休憩がてらもう一杯、購入しに行くこともあります。
頻繁に行くので、フェローの方々も顔くらいは憶えていると思うんですけど、新商品が出たらおすすめしてくださったり、 決してマニュアルっぽくなく、でも馴れ馴れし過ぎない接客も好感が持てますね」。