TULLY'S COFFEE

地球に優しくコレクションしても楽しい、そんなタンブラーシステム

主婦/土屋さん

―土屋さんはいつ頃から、タリーズコーヒーを利用されるようになりましたか?

「2、3年前に出産のために通っていた病院にタリーズコーヒーが入っていて、定期検診へ行くたび、 待ち時間にそこでデカフェのコーヒーを飲んでいたんですが、それが凄く美味しくて。
今でもママ友たちとランチの後、コーヒー屋さんやカフェを探すんですけど、美味しいコーヒーが飲みたい時にはタリーズコーヒーへ行きます」。

―ありがとうございます、ではタンブラーを使われるようになった経緯を教えてください。

「なんだかんだ友人からプレゼントされたり、どこかのお店のオープニングパーティーでもらったり、 可愛いデザインを見つけると自分でも買ったりしてコレクションしていましたが、本格的に使い始めたのは子供が生まれてからですね。
子供を産む前みたいに店内でゆっくり過ごす事が出来なくなって、テイクアウトする方が圧倒的に増えた時に使い始めました。 今はコーヒーを買って、タンブラーに入れてもらってから近くの公園や児童館へ行って、子供を遊ばせるのが日課です。
実は児童館などは、意外にゴミを捨てるところがなくて、全部持ち帰らなくてはいけないところが多くて。 そうなるとキュッとフタを閉めてそのままバッグに入れて持ち帰れるタンブラーの方が便利なんですよね」。

季節の変わり目にはファッション感覚で
タンブラーも衣替え

―言われてみれば、街中も昔よりゴミ箱の数が少なくなっていますよね。他に、タンブラーを使い続ける理由はありますか?

「タンブラーを持って行くとドリンクが30円引きになるシステムはお得だし魅力的ですね。 それにタリーズカードを使用するとさらに値引きされるので、頻度よくタリーズコーヒーを利用する人にはおすすめですね。
私は、夏は軽くて持ち運びやすいプラスチックタイプを使っています。 出掛ける前、水筒替わりに氷入りでドリンクを作って、それを飲み終わったらタリーズコーヒーへ行って、 かるく濯いでもらってまたドリンクを入れてもらいます。
冬場は保温性のあるステンレスボトルにして、暖かい飲み物をいつまでもちびちびと飲んでいます(笑)」。

―コレクションされているだけあって、シーンできちんと使い分けていらっしゃるんですね。

「はい、今現在タンブラーは10個前後持っているんですけど、子供が生まれてからはとにかく忙しくって、日によって変えたり出来ていないんですよ。 その分、春夏秋冬の季節の変わり目に、ちょっとした衣替え感覚でタンブラーを変えて楽しんでいます。
タリーズコーヒーのタンブラーはサイズ展開も豊富だからちょうどいいものを選べるし、デザインが可愛いのでいつもチェックしています。 あとお店や季節限定のデザインなどもあるので、ついつい欲しくなっちゃうんですよね(笑)」。