タリーズで楽しむ紅茶の時間

Relaxing Tea Time

Tully’s Tea Party

紅茶にまつわるあれこれ

人気メニュー★ロイヤルミルクティー

ロイヤルミルクティーはたっぷりのミルクを使用するので、牛乳に負けないようなしっかりとした風味と色の茶葉が適しています。タリーズコーヒーでは、紅い水色が鮮やかなマラウイ・爽快なフレーバーのケニア茶葉をブレンドしています。そのために、コクがありながら、すっきり爽やかな香味が感じられます。
各店舗のバリスタが茶葉から抽出し、風味豊かな一杯を丁寧にお作りしています。さらに、まろやかでやさしい甘みも特徴です。

close

ティーバッグの紅茶を美味しく抽出するポイント

ティーバッグの紅茶を美味しく抽出する3つのポイント!

  1. ティーポットで淹れるように、カップにも蓋をして蒸らしましょう。
  2. ティーバッグ1個につき、ティーカップ1杯分です。
  3. 紅茶の抽出は、熱湯(約100℃)で。熱いお湯の方が、渋みと香りを引き出せます。
close

ベルガモットの爽やかな香り、アールグレイ

タリーズの水出しアイスティーは、アールグレイを使用しています。アールグレイは、 最も有名な着香茶の1つであり、柑橘類の「ベルガモット」の表皮の香りが広がります。
その昔、イギリスのグレイ伯爵は中国からもらった紅茶が気に入り、同じような風味の紅茶をイギリスでも作らせたのがはじまりと言われています。そして、その紅茶に自分の名前「グレイ伯爵」を付けたといわれています。

close

気軽にトライ! Teaメニューのカスタマイズ

ドリンクへのカスタマイズは、エスプレッソだけではありません。タリーズの紅茶メニューで、誰でも試しやすいカスタマイズをご紹介します。

【ロイヤルミルクティー(ホット) + バニラシロップ】
バニラの香りと相性◎
【水出しアイスティー + ミルク】
食事やスイーツによく合う軽やかな味わい
【Tea オリジナル + スチームミルク】
食事に合わせやすい味に
【チャイミルクティー + チョコシロップ】
スパイシーさとコク深い甘みの絶妙なバランスが楽しめます。
この場合、ロイヤルミルクティー(ホット)とチャイミルクティー(ホット)は " 甘さ控えめ " でオーダーするのもおすすめです。

さらに、ロイヤルミルクティー(アイス)への、T's アイスクリームトッピングをご紹介します。T's トリプルチョコレート、T's バニラ、 T's カフェクラシコ などはベストマッチ!ぜひ、おためしあれ!

close

お茶のあれこれ

日本人になじみ深い緑茶について少しご紹介します。渋味、旨みなど独特な味を楽しめる緑茶。煎茶やほうじ茶、抹茶など日本茶の多くは緑茶に分類されます。

【抹茶】
光合成しないように育み、渋み成分を防ぎうまみ成分を引き出します。蒸して乾燥した茶葉を挽くので、お茶の成分をまるごと摂取出来ます。
【煎茶】
光合成をして緑色の茶葉に。お茶を淹れるときは、約70℃位のお湯で。うまみとほどよい渋みが引き出されます。
【ほうじ茶】
茶葉を、蒸してもんで焙煎し、茶色の茶葉に仕上げます。香ばしい香りが楽しめるように緑茶を2次加工しています。
close

世界三大紅茶

世界三大紅茶とはインドのダージリン、スリランカのウバ、中国のキーモンの3種類の紅茶のことを指します。世界三大銘茶とも呼ばれ、紅茶の中でも特に味や香りに優れていたことから、こう呼ばれました。スモーキーな香りのキーモン、クセになりそうな独特の香りが特徴的なウバ、「紅茶のシャンパン」と言われるほどの素晴らしい香味の「ダージリン」。それぞれの紅茶をじっくり味わいながら、奥深い紅茶の世界を楽しんでみませんか。

close

紅茶の保存方法

直射日光があたる場所、蛍光灯などの強い光の近く、また湿気の多い場所は避けて、温度変化の少ない涼しい場所に置くと良いでしょう。また、常温保存でOKです。
保存容器は、光を遮るもので密閉性の高い容器がおすすすめです。

close