第16回タリーズピクチャーブックアワード受賞作品発売 第16回タリーズピクチャーブックアワード受賞作品発売

今回は、絵本部門とストーリー部門をあわせ、約480作品のご応募をいただきました。ご応募いただいた皆さまに、心より感謝申し上げます。家族みんながハッピーな気持ちになれて、思わず笑顔がこぼれそうな、素晴らしい作品が選ばれました。なお、絵本の発売は、2019年4月末を予定しております。皆さまにお手に取っていただける日が、今から待ち遠しいです!発売まで、もうしばらくお待ちください。テーマ『家族で楽しめる、ハッピーな作品』今回は、絵本部門とストーリー部門をあわせ、約480作品のご応募をいただきました。ご応募いただいた皆さまに、心より感謝申し上げます。家族みんながハッピーな気持ちになれて、思わず笑顔がこぼれそうな、素晴らしい作品が選ばれました。なお、絵本の発売は、2019年4月末を予定しております。皆さまにお手に取っていただける日が、今から待ち遠しいです!発売まで、もうしばらくお待ちください。テーマ『家族で楽しめる、ハッピーな作品』

絵本部門 絵本大賞『 ぼくはがまんしている 』絵本部門 絵本大賞『 ぼくはがまんしている 』

作者プロフィール いりえ ちはる 1977年生まれ。福岡県在住。絵画教室の先生に絵本を描くことをすすめられ、絵本創作を始める。作者プロフィール いりえ ちはる 1977年生まれ。福岡県在住。絵画教室の先生に絵本を描くことをすすめられ、絵本創作を始める。

作品コンセプト 子どもの頃、何かにつけてしていた「がまん」。 なぜ「がまん」しないといけないのか、その答えをわかってはいても、モヤモヤとした感情を抱いた経験は、誰もがあると思います。子どもの頃の「がまん」によるモヤモヤと、大人になってからもやっぱり「がまん」ばかりだ…という思いを絵本にしました。作品コンセプト 子どもの頃、何かにつけてしていた「がまん」。 なぜ「がまん」しないといけないのか、その答えをわかってはいても、モヤモヤとした感情を抱いた経験は、誰もがあると思います。子どもの頃の「がまん」によるモヤモヤと、大人になってからもやっぱり「がまん」ばかりだ…という思いを絵本にしました。

子どもたちへのメッセージ 「がまん」はたいへんで、なんとなくさびしくて、ときどきおこりたくなるけれど、そのさきには、たくさんのたのしみがまっているのだとおもいます。 作品のあらすじ いつでもがまんばかりのぼく。けどね、がまんにもげんかいがあるんです。子どもたちへのメッセージ 「がまん」はたいへんで、なんとなくさびしくて、ときどきおこりたくなるけれど、そのさきには、たくさんのたのしみがまっているのだとおもいます。 作品のあらすじ いつでもがまんばかりのぼく。けどね、がまんにもげんかいがあるんです。

絵本部門 特別賞 『 ボク、むかし木だった 』絵本部門 特別賞 『 ボク、むかし木だった 』

作者プロフィール Wanju 台湾生まれ。ニューヨークパーソンズ美術大学卒業。日本在住。一児の母。多文化を背景にイラストとクラフト分野で創作活動を続けている。作者プロフィール Wanju 台湾生まれ。ニューヨークパーソンズ美術大学卒業。日本在住。一児の母。多文化を背景にイラストとクラフト分野で創作活動を続けている。

作品コンセプト この絵本はモクバが自分のルーツを探す旅ですが、同時に、世界にはいろんな木があること、みんな助け合って生きていること、地球に生きているすべてのものにもとって、自然がいかに大切かを知る旅でもあります。作品コンセプト この絵本はモクバが自分のルーツを探す旅ですが、同時に、世界にはいろんな木があること、みんな助け合って生きていること、地球に生きているすべてのものにもとって、自然がいかに大切かを知る旅でもあります。

子どもたちへのメッセージ あなたは木でつくられたおもちゃをもっていますか?そのおもちゃが、もともとどんな木だったかそうぞうしてみたことがありますか?そして、せかいのどこにあった木だろうかと? それを考えると、ますます大切にしたくなりますね。 作品のあらすじ モクバは、自分の生まれた木をさがしたいと、トリといっしょに旅に出ます。世界中をめぐる中で、さて、モクバは自分の木を見つけることができるのでしょうか?子どもたちへのメッセージ あなたは木でつくられたおもちゃをもっていますか?そのおもちゃが、もともとどんな木だったかそうぞうしてみたことがありますか?そして、せかいのどこにあった木だろうかと? それを考えると、ますます大切にしたくなりますね。 作品のあらすじ モクバは、自分の生まれた木をさがしたいと、トリといっしょに旅に出ます。世界中をめぐる中で、さて、モクバは自分の木を見つけることができるのでしょうか?

ストーリー部門 絵本大賞 『 なんでだろ 』※イラストは現在作画中ですストーリー部門 絵本大賞 『 なんでだろ 』※イラストは現在作画中です

作者プロフィール なつ ゆうか 東京都在住 子供のころから大好きな絵本を自分でも作りたいと思い創作を始めました。読んで頂いた方の心に残るようなお話を作っていきたいです。 イラストレーター くぼ あやこ 山形県生まれ。女子美術短期大学、阿佐ヶ谷美術専門学校卒業。ボローニャ国際絵 本原画展入選。入選作がフランスにて出版。これが初仕事となる。2012年HBファイルコンペ副田高行賞。書籍、雑誌、広告等で活動中。作者プロフィール なつ ゆうか 東京都在住 子供のころから大好きな絵本を自分でも作りたいと思い創作を始めました。読んで頂いた方の心に残るようなお話を作っていきたいです。 イラストレーター くぼ あやこ 山形県生まれ。女子美術短期大学、阿佐ヶ谷美術専門学校卒業。ボローニャ国際絵 本原画展入選。入選作がフランスにて出版。これが初仕事となる。2012年HBファイルコンペ副田高行賞。書籍、雑誌、広告等で活動中。

作品コンセプト わたしが小さい時に考えていたことから出来たお話です。作品コンセプト わたしが小さい時に考えていたことから出来たお話です。

子どもたちへのメッセージ このおはなしにでてくるおんなの子といっしょに、すいかをそうぞうしてたのしんでもらえたらうれしいです。(なつ ゆうか ) みなさんの好きなものはなんですか?ももちゃんのように大好きなスイカでもうそうするもよし。。好きなものはあなたのじんせいをたのしくしてくれますよ。	( くぼ あやこ ) 作品のあらすじ あまり好きではないけれど、今年も待ちにまった夏がやってきました。それはなぜかというと・・・子どもたちへのメッセージ このおはなしにでてくるおんなの子といっしょに、すいかをそうぞうしてたのしんでもらえたらうれしいです。(なつ ゆうか ) みなさんの好きなものはなんですか?ももちゃんのように大好きなスイカでもうそうするもよし。。好きなものはあなたのじんせいをたのしくしてくれますよ。	( くぼ あやこ ) 作品のあらすじ あまり好きではないけれど、今年も待ちにまった夏がやってきました。それはなぜかというと・・・

注意事項
  • ※受賞作品の発売時、こちらでご紹介している内容
    (作品名・表紙デザインなど)と異なる場合がございます。
  • ※受賞作品の発売時期について、現在4月末を予定していますが、
    今後変更になる場合がございます。予め、ご了承ください。
Save the Children JAPANSave the Children JAPAN
絵本の売り上げの一部は、子ども支援専門の国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」が実施する
途上国の子どもたちへの教育支援に寄付されます。
セーブ・ザ・チルドレンは教員研修や学校の改修などを通じて、子どもたちが安心して学べる環境づくりに取り組んでいます。

イラスト/ふじい ふみか
(第7回絵本大賞受賞「おかぁさん どうして」)

pagetoppagetop