TALK to COFFEE 世界の豆とコーヒーのことを話そう

ハワイ

アリアナ農園が『名門』と言われる訳

タリーズコーヒーでは、アリアナ農園のハワイコナを数量限定で販売して参りました。一番の特徴は、コナコーヒー100%で商品化していること。タリーズでは豆本来の味わいを存分にお楽しみいただくため、100%にこだわっています。

苗から作るコーヒー

コナの品種 "ティピカ種" はとてもデリケートです。病気や害虫に弱く、実のつき具合もよくありません。アリアナ農園では、苗を育てる前に "リベリカ種" という別種の丈夫な品種の根っこ部分に、ティピカ種の上の部分を接ぎ木します。これを1本ずつ手作業で行うことで根が丈夫になり、強く大きな樹が育ちます。

充実の農園設備

農園内には、収穫後チェリーから精製・乾燥などを行う設備があり、栽培から加工までを自分たちで手掛けることによって、安定した品質に仕上げやすくしています。

農園マネージャーの存在

農園主はアメリカ本土に住んでいます。コーヒー農園の管理は、全てマネージャーが取り仕切っています。農園マネージャーは、常に品質向上を図るべく研究を続けているのです。日々のこつこつとした努力が、優れた品質のコーヒー豆栽培につながっています。

〈生産地について〉
アリアナ農園

ハワイ島、西側の裾野に広がる火山の溶岩が含む豊富なミネラル分は、コーヒー栽培に適した肥沃な土壌です。また昼と夜の寒暖差も大きいことも、ポイントです。
アリアナ農園は、高い栽培技術と丁寧な農園の管理によって、高品質なコーヒーを作り続けています。現地で開催されるカッピングコンテストにおいても、優秀な成績をあげています。