TULLY'S COFFEE TULLY'S COFFEE

メッセージ

『みんなが明るい笑顔になるような、素敵な絵本を描いてみませんか。』

タリーズピクチャーブックアワードは、タリーズコーヒージャパンの経営理念の一つ、
“子どもたちや青少年の成長を促すために、夢や目標のお手伝いをする”に基づき、
絵本作家の発掘・支援をし、読者である子どもたちへ夢や希望を届けたいという思いから始めたプロジェクトです。

絵本部門&ストーリー部門

テーマ テーマ テーマ

『たからもの』

絵本を読んだ子どもやおとなが、
人とのつながりや物を大切にする気持ちになれる本

部門賞 部門賞 部門賞

タリーズコーヒージャパン(株)にて
単行本(絵本)として刊行いたします。

タリーズコーヒーの店舗で販売いたします。受賞者の方には副賞が授与されます。

絵本大賞 ストーリー賞

応募規定 応募規定 応募規定 応募規定

どなたでも応募できます。
共作可、画法(画材)・技法は自由。

絵本部門

絵と文は別々に描いてください。
文は別紙に清書し、ページ数を記載してください。
文のないページは「文なし」と明記してください。

表紙(タイトルページ/1ページ)縦158mm × 横186mm
表紙(タイトルページ/1ページ) 縦158mm × 横186mm
表紙
本文(11〜15見開き/計23〜31ページ)縦158mm × 横366mm
本文(11〜15見開き/計23〜31ページ) 縦158mm × 横366mm
本文(1見開き/2ページ)
※絵の外側(上下左右各3mm)は印刷・製本時にカットされます。(部分)
主要部分は3mm以上内側に描いてください。
応募締切

2021228日(日)当日消印有効

ストーリー部門

絵本のストーリーのみの応募です。
紙にストーリーを書いてお送りください。
作品のイメージが伝わるようなスケッチや切り抜きなどを同封していただくと、作品の意図を受け取りやすくなります。
受賞作品にはイラストレーターが「絵」をつけます。

ストーリー部門
応募締切

2021131日(日)当日消印有効

応募方法 応募方法 応募方法 応募方法

STEP01WEBでエントリー

WEBでエントリー

エントリーフォームで、必要事項を記入し、送信していただくと、応募完了画面と、確認のために配信しているリターンメールに、ご応募の方のエントリーナンバーをお知らせします。

STEP02作品を郵送

作品を郵送

作品のカラーコピーをお送りください(宅配便、郵便小包、簡易書留にて)。外封筒には「絵本作品在中/エントリーナンバー○○○」と明記してください。

※応募作品は返却できませんので、原画の提出はご遠慮ください。入選した方のみ、原画を提出していただきます。

WEBでエントリーできない方へ

下記内容を記入した用紙を同封の上、作品のカラーコピーをお送りください。
エントリーナンバーは不要です。

①作品タイトル ②コンセプト ③氏名 ④年齢 ⑤性別
⑥職業または学校名 ⑦住所 ⑧電話番号 ⑨メールアドレス
⑩応募のきっかけ

作品をお送りいただく前に、下記のボタンより、エントリーをお願いします。

宛先

〒162-0833 東京都新宿区箪笥町22番地 タリーズコーヒージャパン株式会社「ピクチャーブックアワード係」 TEL:03-3268-8320(お客様相談室) 受付時間:月~金曜日 10:00-17:00 (土日祝を除く)

キッズ部門

テーマ テーマ テーマ

『だいすき』すきなひと・すきなもの・すきなことをイラストにしてみよう!

みんなのたからものはなにかな?
イラストにかいてみよう!

部門賞 部門賞 部門賞

優秀作品をタンブラーにして
プレゼントいたします。
イラスト賞

※優秀作品の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

応募方法 応募方法 応募方法 応募方法

小学生以下の児童対象。
官製はがきや63円切手を貼った
はがきの裏に絵を描いてご応募ください。

ご注意

表にはお子様のお名前(ひらがな)・年齢・性別をご記入ください。
はがきは横型にしてください。

ご注意
応募締切

2021228日(日)当日消印有効

宛先

〒162-0833 東京都新宿区箪笥町22番地 タリーズコーヒージャパン株式会社「ピクチャーブックアワード係」 TEL:03-3268-8320(お客様相談室) 受付時間:月~金曜日 10:00-17:00 (土日祝を除く)

前回受賞作品 全国のタリーズコーヒーで販売しております。(一部取り扱いの無い店舗がございます)

絵本大賞
ドーナッツじけん

『ドーナッツじけん』

926円 + 税
  • 作者プロフィール
    長谷川 あかり
    多摩美術大学卒業。
    イラストレーター、本作品で絵本作家デビュー。雑貨・キャラクターデザイナーとして活動中。
    第11回 日本新薬こども文学賞 絵画部門 最優秀賞受賞。
  • 作品コンセプト

    不思議な世界のお菓子や生きもの、「本当にあるのかも」と思えてくる「リアルと非リアルの間」の物事。
    それらは大人にとって「非現実」でも、子供たちにとっては「好奇心を一番駆り立てられる一種の現実」なのでは・・?と思い、表現してみました。
    ドーナッツを題材にしたのは、お菓子は友だちと一緒に、時間や感覚を共有できる魅力を持っていると思ったからです。
    誰かを想いながら作る料理の「創造的であたたかい美味しさ」を感じてもらえたら嬉しいです。

  • 読者へのメッセージ

    誰かを想いながら作る料理は、創造的であたたかい美味しさを持っていると思います。
    自分だったら、誰にどんなドーナッツを作りたいかな?と、想像しながら読んでみてくださいね♪

特別賞
くまのこ

『くまのこ』

926円 + 税
  • 作者プロフィール
    つまざわ あやか
    1999年広島県生まれ。
    こよなく愛する文具と本にかこまれて、自宅で作品を制作しています。
  • 作品コンセプト

    冬が来たら春が必ず来るように、どれだけ悲しいことがあっても『大丈夫!』と思える日は絶対に来ます。
    そう信じた気持ちが、やがて大きな喜びとなって自分のもとに降りそそぎます。

  • 読者へのメッセージ

    大切な人といっしょのときも、離ればなれになったときも、誰かのことを思う時間は、すべてがこの上なく大切で愛おしいものです。
    あなたの会いたい人は誰ですか。

ストーリー賞
すてきな にちようび

『すてきな にちようび』

926円 + 税
  • 作者プロフィール/文
    小湊 加奈
    出会ってきた子どもたちとの日々を想いながら、創作を始めました。
    元保育士。
  • 作者プロフィール/絵
    はまぐり 涼子
    1976年愛知県生まれ、湘南・鎌倉育ち。上智大学外国語学部イスパニア語学科卒。
    企業などの勤めを経てイラストレーターとして活動中。
  • 作品コンセプト

    日曜日、お父さんと子どもが、お母さんが作ってくれたお弁当を持って、釣りに出掛ける話です。
    そして、お母さんが待つお家に帰ります。

  • 読者へのメッセージ
    小湊 加奈
    おでかけに連れてってもらえるのは、楽しみだよね。
    家族と楽しいにちようびを過ごせる子どもが、もっと増えますように。
    はまぐり 涼子
    このお話からは、楽しい驚きを描く楽しさをもらいました。
    ワクワクしたり、クスッと笑ってしまうお話しと絵で、皆さんに楽しんでいただけたらうれしいです。
    この絵本をきっかけに、自分にとっての「すてきなにちようび」を思いうかべながら、絵を描いてみるのも楽しそうですね!
※一部取り扱いの無い店舗がございます。予めご了承ください。

第17回のアワードでは、絵本部門/ストーリ部門をあわせ、
450作品のご応募をいただきました。
今回も、家族みんなが笑顔になれる、
心あたたまるストーリーや絵本と出会えることを楽しみにしています!

絵本部門・ストーリー部門のエントリーはこちらから!

応募先/お問い合わせ

〒162-0833 東京都新宿区箪笥町22番地 タリーズコーヒージャパン株式会社「ピクチャーブックアワード係」 TEL:03-3268-8320(お客様相談室) 受付時間:月~金曜日 10:00-17:00 (土日祝を除く)

注意事項

  • ※入賞作品の出版権、二次的使用権、その他諸権利はタリーズコーヒージャパン(株)に帰属します(5年間)。
  • ※絵本を商業出版(自費出版は除く)された実績のある方はご応募できません。
  • ※他の賞への二重応募、弊社の了解のない出版はできません。
  • ※応募者の個人情報は、応募作品の受付及び審査結果連絡、商品の発送などコンテスト実施の目的のみに利用させていただきます。
  • ※入選者の方につきましては、お名前(ペンネーム可)や作品等を公表させていただくことを、予めご了承ください。
  • ※審査候補作品は、審査用に印刷する場合があります。
  • ※応募作品、応募データは返却いたしません。
  • ※入選作品・キッズ部門応募作品を弊社の製作物に使用させていただくことがあります。
  • ※個人情報の取扱いと保護については、弊社ホームページ上のプライバシーポリシーをご確認ください。
絵本の売り上げの一部は、子ども支援専門の国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」が実施する途上国の子どもたちへの教育支援に寄付されます。セーブ・ザ・チルドレンは教員研修や学校の改修などを通じて、子どもたちが安心して学べる環境づくりに取り組んでいます。