この夏、「ケニア キング」のアイスコーヒーでちょっとリッチなおうちカフェはいかが?

How about iced coffee?How about iced coffee?

暑い夏に飲みたい、
ひんやりと冷たいアイスコーヒー。
おうち時間がたっぷりの今年の夏は、
アイスコーヒーにぴったりのコーヒー豆
「ケニア キング」を使って、
自宅で淹れるドリップアイスコーヒーを楽しんでみては?

濃いめにドリップして、たっぷりの氷と合わせる。
アイスコーヒーづくりはこれだけでOK。

自宅でドリップアイスコーヒー、なんて聞くと「ちょっと手間がかかりそう…」「美味しく淹れる自信がない…」と敬遠してしまう方もいるかもしれません。でも、それは大きな誤解。ポイントをおさえるだけで、手軽にお店で飲むような本格アイスコーヒーができるのです。

コーヒーマスター直伝!おいしいアイスコーヒーを
淹れるポイント

  1. サーバーには、
    できあがりの40〜50%量くらいの
    氷を⼊れておく
  2. ホットコーヒーの
    1.5〜2倍のコーヒー⾖(粉)で
    濃いめにドリップ
  3. 冷蔵庫で
    1〜2時間寝かすと、
    味の深みがさらにアップ!

アイスコーヒーをつくるなら、
すっきりさわやかな
アフリカ産のコーヒー豆もおすすめ

苦味と酸味のバランスが特徴の「ブラジル」、明るい酸味とスムースな口あたりで知られる「コロンビア」など、世界各地でさまざまな種類が生産されるコーヒー豆。そんな数ある豆の中から、今回アイスコーヒーとしておすすめするのは「キリマンジャロ」や「モカ」に代表されるアフリカ産の銘柄です。
その理由は、すっきり&さわやかな独特の味わい。ホットで楽しむドリップコーヒーでは苦味やコクが重視されがち。しかし、夏の暑い日にのどをうるおすアイスコーヒーの場合、軽やかでフレッシュな風味が、味覚にマッチするのです。

華やかでフルーティーな味わいが人気!
アイスコーヒーに最適な「ケニア キング」

そんなアフリカ産コーヒー豆の中でも、タリーズがイチオシするのが、ケニア産の「ケニア キング」。赤道直下、アフリカ大陸の東南部に位置するケニアは、実は知る人ぞ知る高品質なコーヒー豆の産地。タリーズでは、ケニア産の中でも最も高い品質を持つ、ごく限られたコーヒー豆だけに、“キング”の称号を授け販売しています。

その味はというと、コーヒーとは思えないほど華やかでフルーティー。マンゴーやパッションフルーツといったトロピカルフルーツを思わせる味わいは、氷を浮かべてそのまま飲むのはもちろん、フルーツタルトなどさっぱりとした夏のスイーツとのペアリングで、より夏らしい、さわやかな後味を楽しむこともできます。

タリーズ・コーヒーマスターのおすすめアレンジ

ストレートで飲んでも美味しい「ケニア キング」ですが、レモンやオレンジなど柑橘類のスライスを添えるのもおすすめ。さっぱりとした酸味がさらに輝いて引き⽴ちます。強炭酸⽔やトニックウォーターともマッチ。チェイサーとして⼀緒に飲むのもおすすめです。
暑い夏のおうち時間のおともに。「ケニア キング」で、まったりとした夏のひとときを楽しんでみてください。

「ケニア キング」のアイスコーヒーで楽しむ、おうちカフェタイム。ゆっくりと丁寧に、美味しいコーヒーを淹れることからはじまる特別なひとときは、きっとあなたの気分までうるおしてくれるはず。普段はドリップコーヒーをあまりつくらないという方も、今夏にぜひ試してみてはいかがでしょうか?

ケニア キング

原産地 ケニア
200g

商品情報へ