地球の裏側から届いた大地の恵み。
ブラジル「バウ農園」がつくる、
3種類のこだわり“新豆”コーヒー

Tully's Hot Meal

今年も、長年パートナー農園として一緒にコーヒーづくりに取り組んできたブラジル「バウ農園」からタリーズのもとへ、新豆(ニュークロップ)だけを使用した、フレッシュ感あふれるコーヒー豆が届きました。コーヒー大国ブラジルからやってきた、今だけの貴重な旬の味をぜひお楽しみください。

タリーズとバウ農園がこだわりの製法で仕上げた、
上質でフレッシュな“新豆”

コーヒー生産に適した気候、広大な土地を持つブラジルで長年コーヒー農園を営む、日系二世のフクダ・トミオ氏。ブラジルの日系企業で働き、数年間日本への研修経験もあるフクダ氏は、自らのコーヒー農園経営に、「5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)」など日本流の哲学を取り入れ、徹底した品質管理のもと、質の高いコーヒー豆を生産しています。

今回お届けするのは、そんなフクダ氏の営むバウ農園とタリーズが熱い議論を交わしながら、それぞれの豆の個性に磨きをかけるこだわりの製法で仕上げた、3種のコーヒー豆。当年収穫された“新豆”だけを選りすぐったラインナップは、新豆ならではのフレッシュ感や、より際立った豆ごとの個性を通して、コーヒーが農作物であることを思い出させてくれるはずです。

ほんのり香る豆知識
「ブラジルのコーヒーの飲み方」

世界最大のコーヒー生産国ブラジルで、人々に親しまれている飲み方が「カフェジーニョ」。デミタスカップに、深い焙煎で濃く抽出した真っ黒いコーヒーを注ぎ、たっぷりの砂糖を加えて飲むブラジル流のコーヒースタイルです。コーヒー豆の大半を輸出し、国内では二級品しか飲めなかった時代に生まれた、この地ならではの楽しみ方と言えるでしょう。

新豆の醍醐味を、思う存分味わい尽くす
「タリーズ ブラジル ファゼンダバウ」

レギュラービーンズとしても展開している「タリーズ ブラジル ファゼンダバウ」が、今回は期間限定の増量パックとして登場。新豆3種のほぼ中間に位置づけられるその味は、しっかりしたボディとやさしい酸味がバランスよく調和。後味に広がる甘みも特徴です

ナッツのような香ばしさと凝縮された深い甘みは、ナッツ系のお菓子や、クッキーなどバターを使った焼き菓子との相性も抜群。普段使いのコーヒーとして大活躍してくれること間違いなさそうです。

濃厚なコクを楽しみたいなら、
「レッドブルボン ドライオンベッド」

タリーズとバウ農園が独自に研究を行い、定番のレッドブルボン種にさらに磨きをかけてつくり上げたコーヒー豆。乾燥の工程において、網棚でじっくり乾かす“ドライオンベッド”という手法を用いたのが、この「タリーズ ブラジル ファゼンダ バウ レッドブルボン ドライオンベッド」です。

手間と時間をかけながら、乾燥させたこのコーヒーは、「タリーズ ブラジル ファゼンダバウ」よりも深いコクとドライフルーツを思わせるような芳醇な風味が特徴。チョコレートを想起する濃厚な味わいは、ブラックで楽しむのはもちろん、カフェオレなどミルクを加えた飲み方にもぴったり。ドライフルーツやナッツが入ったケーキ、焼き菓子、チョコレートといったスイーツとのペアリングもおすすめです。

甘みとさっぱり感がお好みなら、
「イエローブルボン ドライオンツリー」

網棚で乾燥させる「レッドブルボン ドライオンベッド」に対して、樹に実ったまま乾燥させる“ドライオンツリー”という非常にめずらしく、手間のかかる製法でつくられたのが、「タリーズ ブラジル ファゼンダ バウ イエローブルボン ドライオンツリー」。

特徴は、まろやかな酸味の中に感じる豊かな甘みと、すっきりライトな後味。樹の上に実ったまま乾燥させるため、樹の栄養がたっぷり実に凝縮されるのです。そんな「イエローブルボン ドライオンツリー」もさまざまなスイーツと好相性。レモンタルトや、シトラス・オレンジピールの入ったスイーツなどと一緒に、ぜひブラックでお楽しみください。

“新豆”では、通常の豆では感じにくいそれぞれの豆が持つ個性を、よりはっきりと味わうことができます。地球のはるか裏側にあるブラジルから届いた3種類の新豆で、とれたて旬のコーヒーをお楽しみください。

タリーズ ブラジル ファゼンダバウ
" BONUS PACK 240g "

240g

タリーズ ブラジル ファゼンダバウ
レッドブルボン ドライオンベッド

200g

タリーズ ブラジル ファゼンダ バウ
イエローブルボン ドライオンツリー

200g