スペシャルな味わいを 手軽にお家カフェで。「カフェオレベース」
夏のアレンジレシピ vol.2

本格的な美味しさを手軽に。
カフェオレベースを使って、コーヒー感のあるドリンクやスイーツ作りに挑戦してみませんか。
ちょっとしたアレンジで、大人っぽい味わいに仕上がります。ぜひ、お試しください。

2層で涼し気、見ためもきれい
カフェコンフィチュールソーダ

≪ 材料(1杯分) ≫
・マンゴージャム 大さじ2
・炭酸水 150ml
・カフェオレベース 大さじ2
・氷 適量
・ミント 適宜

≪ 作り方 ≫
1. グラスにマンゴージャム、氷を入れて炭酸水を注ぎます。
2. カフェオレベースを注ぎ、ミントを添えましょう。

≪ アドバイス ≫
ジャムはアプリコットのジャムにしても美味しくお召し上がりいただけます。背の高いグラスに注ぐと層がキレイに見えます。

コーヒーが香る、ビターなパンナコッタ
カフェオレパンナコッタ

≪ 材料(出来上がり量400ml) ≫
・牛乳 150ml
・生クリーム 150ml
・カフェオレベース 50ml
・グラニュー糖 40g
・粉ゼラチン 5g
・水 大さじ1と1/2
飾り用
・生クリーム 50ml
・ココアパウダー 適量

≪ 作り方 ≫
下準備
粉ゼラチンは水にふり入れ混ぜふやかしておきます。
作り方
1. 鍋に牛乳、生クリーム、カフェオレベース、グラニュー糖を入れ中火にかけひと煮立ちさせます。
2. 火を止め、ふやかしたゼラチンを加えてゴムベラで混ぜて溶かします。
3. ボウルに濾し入れ、氷水に当てて時々混ぜながら冷まし、とろみがついてきたら器に入れて冷蔵庫で2時間ほど冷やし固めてください。
4. ゆるく角が立つくらい泡立てた飾り用生クリームをのせ、ココアパウダーをふったら出来上がり。

≪ アドバイス ≫
とろみをつけずに固めると分離して2層になってしまうので、とろみをつけて冷やし固めるのが綺麗に仕上がるコツです。

甘さ控えめのひんやりスイーツ
コーヒーマーブルレアチーズケーキ

≪ 材料(15cmの丸型1台分)≫
土台
・ビスケット 70g
・溶かしバター(無塩) 30g
生地
・クリームチーズ 200g
・グラニュー糖 50g
・ヨーグルト 50g
・生クリーム 150ml
・カフェオレベース 大さじ1
・粉ゼラチン 5g
・水 大さじ1と1/2

≪ 作り方 ≫
<下準備>
・粉ゼラチンは水にふり入れ混ぜてふやかしておきます。
・クリームチーズは室温に戻しておきましょう。
<作り方>
1. 土台を作る。厚手のポリ袋にビスケットを入れてめん棒などで細かく砕きます。溶かしバターを加えて袋ごとよくもんで混ぜ、型の底にスプーンの背などで押しながら平らに敷き詰めます。その後、冷蔵庫で20分ほど冷やします。
2. レアチーズ生地を作ります。ボウルにウリームチーズを入れ泡立て器でなめらかにし、グラニュー糖を加えて混ぜます。ヨーグルトを加えなめらかになるまで混ぜてください。
3. 生クリームのうち100mlは軽く角が立つくらいまで泡立てます。残りの生クリームは耐熱の器に入れ電子レンジ(600W)で30~40秒加熱し、ふやかしたゼラチンを入れて混ぜ溶かします。
4. (2)にゼラチンを溶かした生クリームを加えよく混ぜ、泡立てた生クリームを2回に分けて加え泡を潰さないようにすくい混ぜます。
5. 生地を30g取り分け、カフェオレベースを加えてしっかり混ぜます。
6. (1)の型に(4)の残りの生地を半量流し、(5)の生地の半量を所々に落として竹串で軽く混ぜてマーブル状ににします。残りも同様にして冷蔵庫で2時間ほど冷やし固めます。
7. 熱く濡らした布巾で型のまわりをあたため、型から抜いてください。

≪ アドバイス ≫
甘さ控えめの大人の味にしています。甘さをプラスする場合は、+20gまでを目安にお好みで調整してください。

スイーツのような味わい
ティラミス風カフェオレ

≪ 材料(2杯分) ≫
・カフェオレベース 80ml
・牛乳 340ml
・氷 適量
・マスカルポーネチーズ 30g
・生クリーム 50ml
・グラニュー糖 大さじ1/2
・ココアパウダー 適量
・ガムシロップまたはタリーズハニー お好みで適量

≪ 作り方 ≫
1. ボウルにマスカルポーネチーズを入れ泡立て器でなめらかにし、生クリーム、グラニュー糖を加えてピンと角が立つまで泡立て、絞り袋に入れます。
2. カフェオレベースと牛乳を混ぜ、氷を入れたグラスに注ぎます。(お好みでガムシロップまたははちみつを入れても)
3.(1)のクリームを絞り、ココアパウダーをふります。

≪ アドバイス ≫
マスカルポーネチーズがない場合、少し味が変わりますがクリームチーズでも代用できます。カフェオレの濃さはお好みで調整してみて下さい。