TULLY'S COFFEE

自宅で出来る簡単アレンジ

◆コーヒーをさらに楽しむ「自宅で出来る簡単アレンジ」

忙しい毎日、ホッと一息つくブレイクタイムに、お気に入りのコーヒーを淹れるのもいいですが、時にはいつもと趣向を変えて気分をリフレッシュしてみてはいかがでしょう。
ここでは、コーヒーに入れる砂糖やミルクを変えたり、コーヒーに何かを+αすることで、手軽に出来るアレンジメニューをご紹介します。

●砂糖を変える

コーヒーの苦みを和らげ、より飲みやすくしてくれる砂糖。勉強や仕事中の眠気覚ましにコーヒーを飲む人も砂糖をプラスしてみてはいかがでしょう。

【角砂糖】
クセがなく淡白で、素材の風味や香りを楽しむのに適したグラニュー糖を液糖で固めたもの。 コーヒーだけでなく、紅茶などにも使われる一般的な砂糖として知られ、形やサイズが均一なので入れる量をきちんと調整できるところも◎。

【コーヒーシュガー】
グラニュー糖にカラメルを混ぜて溶かし、結晶化したコーヒーシュガーは、カラメルの風味がコーヒーの香ばしさを引き立てます。

【ブラウンシュガー】
不純物を取り除き切らず製品化しており、白糖よりもミネラルが多くやや風味がある。深煎りや濃いめのコーヒーなどにおすすめ。

【はちみつ】
やさしい甘みを持つはちみつは、さわやかなアロマや、かろやかな味わいのコーヒーと相性が良い。

●ミルクを変える

コーヒーにまろやかさを与え、風味を引き立ててくれるミルクやクリームは、ブラック派の方でも、時には気分を変えてミルクでアレンジしてみてください。

【牛乳】
コーヒー本来の風味は損なわず、飲みやすくしてくれる牛乳は、ホットコーヒーの場合温めてからコーヒーへ注ぐことをおすすめします。

【植物性クリーム】
動物性のクリームに比べてあっさりしているので、マイルドなコーヒーや浅煎りのコーヒーなどと相性が良いです。

【コンデンスミルク】
加糖練乳と言われ、生乳に糖分を加えて濃縮したもの。甘味とミルク風味が強いので、デザート感覚で楽しめます。

●濃厚なコーヒーを使ったアフォガート

バニラアイスにエスプレッソをかけた大人なデザート、アフォガートをコーヒーで再現。
通常の2倍程度の濃さで抽出したコーヒーをバニラアイスにかけることで、甘さと苦みが融合したアフォガートが完成!(100ccのコーヒーを作るには、コーヒー粉15~20g程度を目安に、なるべくゆっくりドリップするのがポイントです)
どんなコーヒー豆でも美味しくし仕上がるので、自宅にあるコーヒーで気軽に試せるアレンジです。

●カフェ気分を満喫出来るホット・カフェモカ

コーヒーとチョコレート、ホイップクリームの三重奏が贅沢なホット・カフェモカ。
コーヒー80ccにチョコレートシロップ20ccを溶かし、その上に固めに泡立てた生クリームとチョコチップをトッピングすることで、カフェのようなカフェモカが完成。お好みでミルクを入れても美味しいです!

いつものコーヒーブレイクに変化を持たせたり、ちょっとしたおもてなしにも最適な簡単アレンジメニューを、お家や職場でも試してみてください。