TULLY'S COFFEE

コーヒー豆産地へのこだわり

世界の産地から

タリーズコーヒーでは、コーヒー産地でさまざまな取り組みを行っています。
その取り組みをご紹介しながら、世界のコーヒー産地を巡る旅に出発しましょう。

GUATEMALA グァテマラ
生産地との取り組み ~カッピングコンテストの開催~

品質がよく美味しいコーヒー豆をお客さまに楽しんでいただくため、タリーズコーヒーでは2008年よりグァテマラの農協と協力し「カッピングコンテスト」を開催しています。

開催の目的は大きく3つです。

・小規模農協で栽培された、優れた品質のコーヒー豆を発掘するため。
・小規模農協の生産者が、品質の良いコーヒー栽培へのモチベーションを高めるため。
・コーヒー生産者の生活向上にタリーズコーヒーとして貢献したい。



グァテマラ国内に多数ある農協にお声がけし、各農協が自信を持って出品したコーヒー豆をタリーズが評価して買い付けています。 このコンテストはグァテマラ国内でも大変評判が高く、 地元の新聞で取り上げていただくこともあります。

優秀な評価を受賞した農協には、賞金や賞状を進呈しています。賞金で地域の橋を作ったり、精製施設の改修の一部に使用されるなど、それぞれの地域に役立つ使われ方をしています。

カッピングコンテストについて

■内容
15~30農協が、その年に収穫されたコーヒー豆の中から、品質の高さに自信があるコーヒー豆を1種類だけ出品します。まず第一段階では、出品された全てのコーヒー豆を審査員がカッピングし上位10農協まで絞込みを行います。 選び抜かれたコーヒー豆は最終審査へと進み、生産者が見守る中、審査員による厳粛なカッピング審査が行われ、品質の高いコーヒー豆を出品した農協が金賞を受賞します。


カッピングとは・・
カッピングとはコーヒーの品質や特徴を確認するために用いられる方法です。
粗挽きコーヒー粉をカップの中で抽出し、その液体をスプーンですくって香りと味を確かめます。


生産国について

■グァテマラ
十分な降雨量と肥沃な火山土壌により、世界の中でも優れたコーヒーを生産する国として有名です。
小さな国土の中でも微細な環境の違いがあり、作られるコーヒーの味わいも多様に異なります。
豊かな酸味と深いボディを兼ねそろえた、力強い風味を持つコーヒーが栽培されています。

BRAZIL ブラジル
パートナー農園との取り組み

タリーズコーヒーでは、ブラジルのバウ農園のご協力をいただきながら、コーヒー豆の栽培や商品開発を行っています。レギュラービーンズの「タリーズ ブラジルファゼンダバウ」は、バウ農園で収穫されたコーヒー豆です。
「タリーズ ブラジルファゼンダバウ」は、ブルボン種という希少な豆が使われています。ブルボン種は、育てるのに手間がかかり生産性が高いコーヒー豆ではありませんが、香り高くコクのある品種として知られています。

バウ農園での植樹から収穫、販売まで
2006年12月 タリーズ専用のブルボン種を植樹
2008年 7月 少量を初収穫
2009年 3月 シーズナルビーンズとして、ファーストクロップを発売
2009年 3月 バウ農園で収穫されたコーヒー豆がレギュラービーンズとして発売
「タリーズブラジルファゼンダバウ」定番化
2014年 2月 イエローブルボン種100%使用 数量限定ビーンズ「イエローブルボンパッサ」を発売
特別に乾燥棚(アフリカンベッド)の上で仕上げた「ドライオンベッド」を発売

農園データ
農園名 FAZENDA BAU
農園主 フクダ・トミオ氏
面積 850HA
標高 1100M(平均)


生産国について

■ブラジル
世界第一位の生産量を誇るブラジルのコーヒーは、安定した供給量を得られることが出来ます。控えめな酸味と程よい苦味があり、バランスが取れた味わいであることが特徴です。

COSTA RICA コスタリカ
マイクロロットプロジェクト

通常、各農協では収穫されたさまざまなコーヒー豆を、すべて一括で混ぜて大きな設備で精製処理を行い買い付けをします。そのままでも十分おいしいのですが、農協や標高の違いなど、環境の違いによって生まれる”繊細な味の差”が解りにくくなります。

「マイクロロット」とは、大規模な精製設備ではなく、丁寧に精製できる小さい設備でコーヒー豆を少量生産することです。標高や生産エリア、精製方法などの違いで細かく分類され、環境の違いから生まれる繊細な風味がお楽しみいただけるようになります。

生産国について
エリア:タラスエリア
農協:ドータ農協
標高:1500~1900M前後


ドータ農協はコスタリカの中で標高が高く肥沃な土壌であり、高品質なコーヒー豆を生産することで知られています。