TULLY'S COFFEE

コーヒーマスターを育成し、たくさんのお客さまにコーヒーの素晴らしさを伝えたい

田代 洋介

トレーニングチーム・コーヒースクール担当

知って、体験してみて感動!
奥深く広がるコーヒーの世界

―田代さんはトレーナーとして、またコーヒーマスターとして普段、どのような活動を行っていらっしゃるんでしょうか?

“コーヒーマスター”というのは社内資格ですが、もともと各店舗で“コーヒースクール”を展開していくために、その講師の免許として“コーヒーアドバイザー”という資格が生まれました。 それが社内資格制度に発展して、“アドバイザー”のさらに上ということで“マスター”ができました。
簡単に言うと、社内でも特にコーヒーに関する知識や経験、そしてコーヒーに対する情熱が豊富ということになります。 私はその資格制度の委員会メンバーとして講習会や試験の運営をしたり、トレーナーとして新人研修等の中でコーヒーのことを伝えたりしています。
あとは、お客さまに対してコーヒースクールを行うこともあります。社内外を問わず、タリーズブランドとコーヒー文化を広めるような活動と言えるかと思います。

―コーヒースクールではどんなことをされていますか?

コーヒースクールでは、コーヒーのできるまでや味の違いなどの基本的な知識を、抽出体験やテイスティングなどを交えてお伝えしています。
自分で抽出する楽しさや産地によっていろいろな味わいがあることを知っていただくことで、ただの「コーヒーという飲み物」から、 知れば知るほどもっと奥深くて楽しいという、コーヒーの世界の広がりをちょっとでも感じていただけたらと思っています。
新しい世界への入口として、「スクール」といってもあまり講義めいた感じにならないように、コーヒータイムの延長とか、「コーヒー好きの集い」のような雰囲気を作っていけたらと考えています。

一人のタリーズコーヒーファンとして
その魅力を多くの人に知ってもらいたい

―田代さん自身はもともとコーヒー好きだったんですか?

そうでもありませんでした(笑)。カフェで接客の仕事がしたかっただけなんです。でもタリーズへ入って、その魅力に引き込まれていきました。 甘くないコーヒーを美味しいと感じたのは、タリーズと出会ってからですね。
その後、コーヒースクールの立ち上げを任されることになって、改めてコーヒーのことを勉強したり淹れる練習をしたりして、 それまでよりさらにコーヒーのことを知っていく中で、やっぱりタリーズのコーヒーって美味しいんだなと実感できたんですよね。
これまでにたくさんのコーヒースクールをやってきて、毎回私自身が楽しい時間を過ごさせてもらっていますが、 そのエネルギーの源になっているのは、タリーズのコーヒーの美味しさへの自信なんだろうと思います。
ここでは毎日美味しいコーヒーが飲めるのでありがたいです。

―ではこれから、コーヒーマスターとして挑戦していきたいことはありますか?

私自身もお客さまと接する機会はありますが、今はフェローの教育が主な仕事になっています。
社内での研修や勉強会などを通じて、コーヒーの魅力をもっともっとフェロー達に伝えていきたいと思います。 そこから、コーヒーの魅力をお客さまに伝えられるフェローが増えて、お客さまにもっとコーヒーを、そしてタリーズを好きになっていただける、というサイクルを膨らませていきたいです。
おいしいコーヒーは人を幸せにしてくれますからね。


―最後に、お客さまへのメッセージをお願いします。

私自身がタリーズコーヒーの大ファンです。
生活にコーヒーが欠かせない一人として、自信を持っておすすめできるコーヒーがここにはあります。
ぜひ飲みにいらしてください。そしてこれからも、お客さまのコーヒーの世界を広げるお手伝いができればと思っています。